指定管理事業

主な業務

公共施設の管理運営を自治体が指定した事業者に任せる制度、それが指定管理者制度です。
指定管理者の指定を受けるためには、企業の安定性や実績等の評価のほか、事業計画書、収支計画書を作成し、書類審査、面接審査を受け、最高評価を得る必要があります。これら審査の対象となる書類の作成と、作成のための情報収集、より高いパフォーマンスを発揮するための共同事業体組成等を営業推進部が担っています。

  • 自治体への情報提供、支援

    指定管理者制度導入検討自治体への情報提供や支援を行います。

  • 公募施設調査

    指定管理者公募施設の調査を行います。

  • 申請書類作成及び
    プレゼンテーション

    指定管理者申請書類(事業計画書等)の作成およびプレゼンテーションを行います。

  • 運営施設立ち上げ支援
    社内モニタリング支援

    運営施設の立ち上げ支援、社内モニタリング支援を行います。

  • その他

    プロポーザルによる業務受注、PFI事業等を行います。

フクシの強み

業界トップクラスの継続指定率

概ね5年間で指定期間が終了し、次の期の指定管理者が再公募されます。再公募では競合他社の応募も多数ありますが、当社の継続指定率の高さは業界トップクラスです。指定管理者事業は、運営施設の種類、地域の拡大を図っている当社の基幹業務のひとつです。